イチゴ食べ放題 JA鳥羽志摩、三重のイチゴ「かおり野」と高級イチゴ「レッドパール」

投稿者: | 2016年12月19日
チワワのイチゴ狩り

 JA鳥羽志摩(志摩市阿児町)は12月12日から、長沢育種苗施設「いちご摘み取り園」(同、TEL0599-46-0046)でのイチゴ収穫体験を開始した。(伊勢志摩経済新聞)

【その他の画像】JA鳥羽志摩長沢育種苗施設「いちご摘み取り園」イチゴ収穫体験

 イチゴの収穫体験は90分食べ放題。イチゴの品種は、三重県農業研究所(松阪市嬉野町)が約20年間研究開発、2008年に出願し、2010年5月に品種登録された「かおり野」と、愛媛県の西田朝美さんが「アイベリー」と「とよのか」を交配させ1993年に品種改良した高級イチゴの「レッドパール」。

 同施設は、農業体験を行う食農教育や後継者の育成、新規就農者支援、新品種の栽培体系確立のための試験施設として2006年12月にオープン。栽培面積は約24アール、2015年に6アール増設。昨年度は約4000人が収穫体験した。

 JA鳥羽志摩広報担当者は「長沢育種苗施設は、2008年に三重県の『かおり野』の試験栽培に協力してきたため栽培者はおいしい『かおり野』を作る経験が豊富。『かおり野』は甘く、酸味が少なく香りがいいのが特長。『レッドパール』は地元ではほとんど食べることができない高級イチゴ。1月に入って体験メニューに追加する。どんどん体験して食べてほしい」と話す。

 料金は、12月・1月=大人1,600円、小学生1,300円、3歳以上600円、2月・3月=大人1,500円、小学生1,200円、3歳以上500円、4月~=大人1,300円、小学生1,000円、3歳以上500円。要予約。

 営業時間は9時~16時(最終入園14時30分)。休園は12月31日~来年1月2日とイチゴが無い時。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000044-minkei-l24