サロンでの顔脱毛は痛くない?その効果は?

投稿者: | 2016年5月10日

顔の産毛は気をつけないと女性でも意外と生えてきやすいものです。特に口の周りや頬、おでこなどはしっかりとした毛が生えている場合もあります。毎日メイクのたびにシェービングを行っている人もいるかもしれませんが、あまりシェービングを頻繁に行うと、肌への負担が大きくなってしまいます。

 

シェービングは、手軽に行えるお手入れ方法として人気ですが、実は、カミソリによってムダ毛だけでなく肌の表面も削り落としてしまっているのです。そのため、頻繁にシェービングを行っていると肌が乾燥してしまったり、色素沈着が起きてしまったりもします。

 

トラブルを起こしている肌は、肌を守ろうとムダ毛がより濃く太く生えてくる場合があるので、お手入れを重ねるたびに毛深くなってしまうという悪循環になってしまう場合もあります。色素沈着や肌トラブルを起こしてしまうと、なかなかきれいな元通りの肌の状態に戻すことは難しくなります。このような状態になる前に、専門の脱毛を行いましょう。

 

顔の脱毛は何回かかる? 

顔脱毛には、いくつかの方法があります。最も痛くなく低価格で行えるのが、フラッシュ脱毛です。これはエステなどで行っているお手入れ方法の、最も代表的なものです。お手入れした居場所に専用のジェルを塗り、その上から特殊な光を照射します。この光の力によって、毛根にダメージを与えていき、ムダ毛を減らしていく方法です。

 

肌への負担も少なく、顔やデリケートゾーンなどもお手入れすることが出来ます。痛くないお手入れ方法なので、痛みに弱い人や肌の弱い人には向いている方法です。しかし、光のレベルが弱いため、効果が出るまでに3回以上通う必要があります。自己処理が軽減されたと感じるまでには6回、ムダ毛がほとんどなくなったと感じるまでには12回以上通う必要があるといわれています。

 

毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回のペースでのお手入れなので、長期間お手入れにかかることを覚悟しておいたほうが良いでしょう。同じくエステで行えるのが、電気針によるニードル脱毛です。これは、毛穴一つ一つに針を刺して、直接毛根に電流を流し破壊していく方法です。

 

フラッシュよりも効果が高いこと、お手入れが完了した毛に関しては再生率が低いので永久脱毛と呼ばれる場合もあります。毛周期に関係なくお手入れを進められることと、細い産毛にもしっかりと対応できるというメリットがあります。しかし、このニードルでのお手入れは技術力が必要となるため、行っている店舗が非常に少ないことや、価格が1本につきいくらという設定なので、本数が多い場合だと高額なることがあります。

 

また毛穴に針を刺していくので、個人差はありますが、痛みを感じやすいお手入れ方法です。施術直後は毛穴が開いた状態になったり、赤みが出たりするので、お手入れ後のスケジュールには注意しましょう。毛穴一つ一つにお手入れを行っていくので、顔の産毛のような細い毛をきれいにしたいという場合には向いている方法です。

 

医療脱毛は強力

最後に医療レーザーです。医療レーザーは基本的な仕組みはフラッシュと同じです。皮膚の上からレーザーの光を当てて毛根を破壊していくのですが、この光のレベルが高いものを使用しているため、施術には医師免許が必要になります。そのためお手入れには専門のクリニックや美容皮膚科などに通う必要があります。クリニックなどでは、男性の出入りもあります。

 

顔の脱毛の場合、メイクを落とさなくてはならないので、見られたくないという人は避けたほうが良いでしょう。また初診料や薬を処方された場合には処方箋代などが発生する場合があるので、理解しておきましょう。医療レーザーは光のレベルが高いので、1回での効果が高いことが特徴です。

 

フラッシュに比べると約半分の回数で、お手入れが完了します。しかし、キャンペーンやセット割引などは行っていない場合があるので、高額になりがちです。またクリニックでの施術でも健康保険は適用されないので注意しましょう。肌への刺激が強いため、施術後には赤みが出たり、毛穴にかさぶたが出来るなどの症状が出る場合があります。

 

施術者が医師免許を持った人なので、不安な場合には専用の薬を処方してもらうことも出来ます。このようなアフターケアの面では、とても安心できる方法です。どの方法であっても、顔の全ての部分を脱毛できるわけではありません。口周り、あご、頬、もみ上げ、額などは、どの方法でも行うことが出来ますが、目の周りや小鼻の周りなどはお手入れが出来ない部分となります。

 

サロンやクリニックによって、施術可能箇所は異なっているので、気になる人は各店舗に問い合わせてみると良いでしょう。エステでの脱毛の場合には、無料カウンセリングを実施している場合がほとんどなので、不安な点や疑問点はきちんと聞いて、納得してから通い始めると良いでしょう。

 

★★顔脱毛の方法を選ぶポイント★★

〇お手入れ可能箇所の比較をしてみましょう。

脱毛サロンやクリニックによって、お手入れ可能箇所が異なります。おでこや頬、口周り、もみあげなど、細かく表記されている場合と、大まかに「顔」という表記の場合があるので、細かく知りたい場合には各店舗に直接問い合わせて聞いてみるようにしましょう。

 

〇価格の比較をしましょう。

フラッシュ、ニードル、医療レーザーでは価格設定が異なります。自分の予算に合わせた場合、どの方法が一番良いのかきちんと考えましょう。あまりにも負担が大きくなると、最後まで通えなくなってしまう場合があります。ゆとりを持った計画を立てましょう。

 

〇お手入れ方法を考えましょう。

顔は体の中でも、皮膚が薄く痛みを感じやすい部分でもあります。お手入れ方法には痛みが強いものから、ほとんど痛みを感じないものまで色々あります。自分が痛みに強いのか、またお手入れ中に痛くても我慢が出来るか、さらには痛くてもきちんと定期的に通い続けられるかを慎重に考えましょう。定期的にきちんと通わなくては、お手入れを始めても意味がありません。ストレスが少しでもない状態でお手入れを行っていくことが大切です。

 

〇完了までの期間を考えましょう。

お手入れ方法によって、完了までの期間は大きく異なります。急いで少しでも早く完了したい場合には、痛みに耐えても医療レーザーが良いでしょう。個人差はありますが、大体6回程度でお手入れが完了します。2~3ヶ月に1回のペースで通ったとしても1年から1年半で完了します。長期間かかっても良いから、痛くなくて安く済ませたいという人はフラッシュがよいでしょう。フラッシュの場合、医療レーザーの約2倍の期間がかかるので、長期戦にはなりますが、コストや痛みに関しては軽減されています。

 

〇店舗までのアクセスを考えましょう。

どの方法にしたとしても、約1年は定期的にお手入れに通う必要があります。少しでも安いところに通いたいと思って、自宅や職場から離れた場所に通うことにことにすると、交通費が別にかかってしまったり、通うこと自体が面倒になってしまいます。多少高くても、自宅や職場から近く通いやすい店舗を選ぶことが、最後まできちんと通えるポイントです。

 

〇お肌のケアはきちんとしましょう。

どの方法であっても、お手入れの際に日焼けをしていたり、ひどい乾燥した状態では施術を断られてしまいます。これは、ムダ毛の処理だけでなく美肌を保つためにも日頃のケアはきちんと行いましょう。