女子アナ座談会、フジテレビ時代の悲哀

投稿者: | 2016年12月1日

華やかそうな仕事ですが、いろいろあるんですね。。

 

本田朋子 女子アナ 亀井京子 高橋真麻 上田まりえ フジテレビ時代の悲哀

今回は「和の心を再発見」をテーマに、椿原慶子、永島優美、三田友梨佳、山崎夕貴や新人アナウンサー3人を加えた17人が絢爛豪華な着物姿で集結した。

 これまで、榎並大二郎アナウンサーが女性アナウンサーをプロデュースしたカレンダーや、ファッション誌『NumeroTokyo』とコラボしたファッショナブルでモードなデザインのカレンダーなどを販売。その立ち振舞の美しさで現場スタッフを魅了した。淡いクリーム色の着物に鮮やかな色合いの花飾りが、その笑顔とマッチし、爽やかな夏らしいイメージの写真が仕上がった。

 久々に着物を着たという椿原アナは「女性らしい凛とした気持ちになって撮影に臨むことができました」と振り返り、1番最初の顔となる1月を飾ることが決定。女性アナたちの普段とは違う一面に注目だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000324-oric-ent