脱毛石鹸って良いの?どのような仕組みで脱毛出来るの?

投稿者: | 2016年4月21日

今、女性を中心に脱毛石鹸が注目されています。お風呂で体を洗う時に脱毛石鹸を使うことで、ムダ毛が脱けてツルツルのお肌が手に入るというものなのですが、脱毛クリームやムースなどのように即効性の効果があるわけではありません。

 

脱毛石鹸は抑毛作用が特徴

脱毛クリームなどは肌に塗ると毛が溶けだして、一定時間を置いた後に流すと毛がスルスルと溶け出すように抜けていきます。脱毛石鹸はそのような商品ではありません。毎日の体洗浄で使うものなので、肌荒れを考慮してあまり強い成分が配合されていないためです。脱毛石鹸の仕組みは、現在生えている毛、生え途中の毛に対する除毛作用とともに抑毛作用が中心となります。

 

毛の再生を抑制

抑毛作用とは、新たな毛が生えて来づらくなる作用です。抑毛作用としては、ラレアディバリカタ葉エキスという成分が代表的なものです。樫の木の一種から抽出された成分で、体が毛を作り出すのに必要な細胞の増殖を遅らせ、毛の再生を抑圧させる効果があると言われています。

 

イソフラボンにも抑毛作用がある

もう一つ、抑毛作用として有名なのがイソフラボンです。イソフラボンは大豆に含まれる成分で、女性ホルモンの形に似ているということで女性にはおなじみの成分でありますが、このイソフラボンも抑毛作用があると言われています。具体的には、毛の根元にある毛包の働きを抑えて、毛の成長を遅延させる働きを持っています。

 

パイナップルにも含まれている酵素

そしてもう一つ、パイナップルに含まれる消化酵素の一つであるブロメラインはたんぱく質を溶かす性質があるため、毛の根元にある毛母細胞のたんぱく質を分解し、毛の成長を遅らせる作用がある成分です。除毛効果としては、抑毛でもあげましたが、ラレアディバリカタ葉エキスとブロメラインが挙げられます。

 

脱毛石鹸には即効性は無い

ブロメラインと同じくたんぱく質を溶かす性質を持つため、毛の成分であるたんぱく質を溶かし、継続して使うことで除毛へとつながります。ただし、繰り返しになりますが、脱毛石鹸は即効性のあるものではありません。一度使ってスルッとムダ毛が抜けるようなものはとても強い成分になるので、お肌への負担も相当大きなものになります。

 

継続して使うことで効果を発揮します

毎日使うものなので、肌に負担とならないよう作られているため、3~4週間継続して使うことで効果が表れ始めます。そして使い続けることで生えている毛が除去されていくと共に、新たな毛が生えて来づらくなるためツルツルのお肌が手に入ります。しかし、レーザーなどの永久脱毛とは異なり、石鹸を使わなくなるとまた元に戻ってしまうということを理解しておくことが大切です。